松島 遼 松島 遼 

遼です。!(^^)!

今回は 読みやすい記事を書いて記事の質をあげたいです。について説明するよ。

 

読みやすい記事を作成する

記事のポイント

センテンス※を適度に区切る。

センテンスを適度に区切らないと

長文となります。

その為、伝えたいことがしっかりと

伝わりません。

 

センテンス※はこまめに改行をいれる。

こまめに改行をしないと

ユーザへ読むのが大変という印象を

与えてしまいます。

 

※センテンス

文。あるまとまった内容を表現し、言い切りとなるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

 

見出しをつけてわかりやすくする。

接続詞を適切に使う。

そして、しかし等の接続詞を適切に使うことで

理解のされ方が向上します。

但し、あまり多く使うと回りくどい文章になります。

相手にストレスを与えてしますので注意してください。

 

漢字を少なくする。ひらがな、カタカナを使用する。

 

文体へ統一性を持たせる

・『です+ます』

推奨文体

・『だ+である』

高圧的な印象を与えてしまい推奨できません。

・『ですよ、ですわ』

ユーザによっては違和感を感じてしまいます。

この文体はユーザを選ぶので使用する際は注意してください。

同じ言葉、表現を連続して登場させない。

名詞を連続して使用する場合

『これ』 『それ』 といった代名詞へ置き換える

 

まわりくどい文章(長文)とならないようにする。

『~ですが』『~の為』『~という事』は読みにくさを感じさせます。

使用頻度を控えるようにしましょう。

 

記事修正例

Before

先日、ディズニーランドに行ってきました。私はディズニーランドに行くのが大好きなんです。
私はリピーターなんですよ。前回行った時と比べてそんなに大きな変化がなくても
ついつい行ってしまいます。あなたの周りにもこういう人いませんか?こういった何度も繰り返し訪れたくなる気持ちにさせてくれるという夢の国さすがです。
ディズニーは常に進化しているのです。公開を開始してからわずか数日の間に何度も演出を変え進化していて目に見えるものから見えないものまで常に試行錯誤を繰り返しています
お客さんを飽きさせない為にディズニーは進化しているのです。その為、リピーターが増えるのです。

 

After

先日、ディズニーランドに行ってきました。

私はディズニーランドに行くのが大好きなんです。

リピーターなんです。

前回行った時と比べて大きな変化がなくても

ついつい行ってしまいます。

あなたの周りにもこういう人いませんか?

何度も繰り返し訪れたくなる気持ちにさせてくれる

夢の国さすがです。

ディズニーは常に進化しているのです。

公開を開始してからわずか数日の間に何度も演出を変え進化し、

常に試行錯誤を繰り返しています。

目に見えるものから見えないものまでです。

リピーターが増えるのがうなずけます。

 

ユーザは読み流している

WEB上ではさまざまな大量の情報があふれています。

その多さにユーザは処理することができず

記事をいちいち全てを読んでいられないのです。

ユーザへ読んでもらえるように最低限、

読みやすい文章を作成しましょう。

 

只今、無料相談受付中です。

実際に数々の情報商材テクニックを試してきた私が

おすすめする商材を知りたい方もこちらからご相談ください(^^)


⇒遼に無料で相談してみる


松島 遼松島 遼

お気軽に相談ください♪