松島 遼 松島 遼 

遼です。!(^^)!

今回は副業で会社にバレることがない確定申告方法

について説明するよ。

 

副業で利益を得たら確定申告が必要なんです。

 

一般的なサラリーマンですと

年間20万以上の所得(収入―経費)がある場合が対象になります。

 

副業をするにあたって最低限知っておきたい

法律の知識やマナーは抑えておいたほうがいいです。

 

特に納税に関係することは重要です。

 

今回は僕のようなサラリーマンを対象にした

会社にバレずに申告をする方法を説明するね。

 

どういった場合にバレるのか?

 

これは私達が現在属している企業に対して

税務署から住民税の課税通知が届きます。

 

企業は私達の代わりに給与から天引きする形で

住民税を支払ってくれるのです。

 

副業によりで住民税額がアップした場合、

企業は変化に気が付くことになります。

 

※企業の経理担当者が気が付くかどうかはケースバイケースです。

 

マイナンバー導入で申告漏れは発覚しやすくなった?

 

これについては結論から言うと発覚しやすくなっています。

 

マイナンバーは

 

副業を行っている会社

所属する企業

 

に通知していることにより

 

税務署は納税額の一元化ができるようになりました。

 

しかし、

現状、企業はマイナンバーから社員の副業を

把握することはできない仕組みです。

 

アフィリエイトで得た収入は税務署はどうやって把握するのか?

 

税務署には

 

ネット収入を専門に調査する税務調査

 

がいます。

 

アフィリエイト

ネットオークション

ネット販売

 

で得た所得が20万以上/年間の場合は

誤魔化しができませんので必ず申告漏れがないようにしましょう。

 

 

会社にバレずに申告をする方法

 

会社にバレずに申告をする方法があります。

 

それは確定申告時にあることをするだけです。

 

確定申告書B(第1表―第2表)↓↓

 

 

赤枠部拡大↓

 

上記の確定申告の右下に 徴収方法の選択があります。

 

選択肢はこの2点

 

・給与から差引き(特別徴収)

・自分で納付(普通徴収)

 

ここで 自分で納付(普通徴収)を選択するだけです。

 

会社の給与から天引きされることなく自分で納付すれば

 

会社にバレることはありません。

 

注意

大前提として所属する企業の就業規則を確認してください。

副業を禁止している企業も今現在も多数存在します。

企業の了解を得て副業をしましょう。

 

只今、無料相談受付中です。

 

実際に数々の情報商材テクニックを試してきた私が

 

おすすめする商材を知りたい方もこちらからご相談ください(^^)


⇒遼に無料で相談してみる


松島 遼松島 遼

お気軽に相談ください♪