松島 遼 松島 遼 

遼です。(^_-)-☆ 今回は

Twitter(ツイッター )の

アプリケーション設定方法

について説明します。

 

アプリケーションを設定しておくと

 

APIKey/API Secretなどのコードが取得できます。

 

他のアプリやツールと連携させる為に

 

コード要求されるケースが多いため、

 

設定しておきましょう。

 

連携の一例として

 

ブログとの連携があります。

 

知りたい方は

 

こちらの記事をご確認ください。

WordPress(ワードプレス)からTwitter(ツイッター)へ記事を自動投稿設定したい!

 

Twitter(ツイッター )のアプリケーション設定方法

①Twitter apricationへの登録

 

 

Twitter aprication 

 

Twitter apricationへの登録

Twitter apricationのサイトをひらき

Create New App(上写真の右上) をクリック

 

②必要情報入力

 

必要情報入力

Name:アプリケーション名

(例:アフィリエイトビジネス成功術 ブログ記事投稿)

 

Description:アプリケーションの説明欄

(例:ネットビジネス成功者が初心者でもわかる優良情報提供)

 

Website:連携するアプリ/ツールに関連したURLを入力

(例:自動投稿するWordPressのURL)

 

Callback URL:コールバック用任意のURL

(例:自分のWebサイトURL)

 

アプリケーション規約に同意

  

Yes I agreeにチェック、その後

 

Create your Twitter applicationをクリック

 

③アクセス権の設定

 

 

アクセス権の設定

Permissionsを選択

 

Access内にあるRead and Writeにチェック

(ツイッターの読み書きを許可する意味です。)

 

Update settingsをクリックして設定を保存

 

④KeyとTokenの作成/コード確認

KeyとTokenの作成

Keys and Access Tokensを選択

 

下にスクロールするとToken Actionsという項目内にある

 

Regenerate my access tokenをクリック

 

するとkey and Access Tokensのページには

 

API KeyとAccess Token情報が更新されるようになります。

 

コードを確認

使用するコードは下記4つです。

 

Consumer Key (API Key)

Consumer Secret (API Secret)

Access Token

Access Token Secret

 

数字と英数字の羅列されたコードが表示されたら

 

OKです。

 

以上で設定は終了です。

 

只今、無料相談受付中です。

実際に数々の情報商材テクニックを試してきた私が

おすすめする商材を知りたい方もこちらからご相談ください(^^)


⇒遼に無料で相談してみる


松島 遼松島 遼

お気軽に相談ください♪